個人融資掲示板


お気に入り登録
個人間融資に関する情報と貸します掲示板や借ります掲示板を自由に提供しています。

20歳未満の方は利用できません

融資のご相談
個人融資ご紹介
掲示板入り口

お金かします!
個人間融資掲示板

スポンサー側

■お金借ります 停止
融資を受けたい方
個人融資情報
甘い個人融資
個人間融資とは
貸します掲示板の利用
借ります掲示板の利用
返済を考えて
各知識
個人間融資
個人間融資の利点
注意事項
更新情報
過去の更新情報
11/27の更新
消費者金融と個人融資
今までは急にお金が必要になった際に、多くの方がお金を借りるのに利用するのが消費者金融でした。
しかし、2010年の6月頃より総量規制が施行された為に多くの方が消費者金融を利用することができなくなりました。
では、その総量規制について考えてみましょう。

1.総量規制の目的
総量規制とは名前の通り、消費者金融からお金を借りれる「総量」を規制する法律です。
その総量の内訳は
・消費者金融の利用件数
・収入に比例した借金総額
端的にまとめると上記の二つになると思います。
まずは利用件数についてですが、基本的に消費者金融を3社利用していると、それ以外の消費者金融からお金を借りることができません。
何をもって3社以上の消費者金融を利用していると規制の対象になってしまうかは分かりませんが、とりあえず3社くらいで規制しとけば借金の総額は膨らまないだろうというところでしょうか。
次に収入(基本的に年収)によって借金の上限が設定されてしまいます。
これもとりあえず設定していれば借金の総額が増えることはないだろうという感じでの設定といえます。
つまり、とりあえず貸し出し口を絞ることで、多重債務などの借金に関する問題が減るのではないかということが目的といえます。

2.総量規制の問題
大きな枠による貸し出し規制は、借り入れを上手に利用するという消費者の経済活動を阻害しているといえます。
余力が十分にあっても借り入れができずに、一般の消費者は制約を受けてしまうのです。
つまり、制限さえかければ自己破産などもなくなるだろうという考えですので、、消費者だけではなく、会社にも制限をかける必要があり、制限をかけることで倒産もなくなるという考え方ができると思います。
現在の日本では極僅かな例外を除いては、どんな大手の会社であっても借金を抱えており、その借金で会社は運営されています。
もしもそのような制限をかけてしまうと日本の経済はたちまちのうちに破綻してしまうでしょう。
それが総量規制の大きな問題なのではないかと思います。

3.総量規制と消費者金融
結果的に大手の消費者金融は、借り入れ件数の少ない、一般的には「優良」と言われる顧客を独占することができるようになりました。
大手の消費者金融は良いことばかりですが、一般の消費者には迷惑なだけです。
3社しか借り入れできないのであれば、民間などに運営させずに、国が消費者金融を3社作るのがベストだったのではないかと思います。
とにかく消費者金融は完全な二極化となり、一般の消費者はすぐに行き詰るという形になってしまいました。

4.個人融資
消費者金融でお金を借りるのは非常に狭き門となってしまいましたが、それならば誰でもいいからお金を貸してくれる人から借りれば良い訳です。
それが分かりやすい形の個人融資であり、借りたくなければ借りなければいいし、貸したくなければ貸さなくて良いという完全に自由なお金の貸し借りができる訳です。
お互いが納得してもお金の貸し借りに、消費者金融のような総量規制など関係ありません。
そこが個人融資の良さなどではないでしょうか。

■運営
利用規約|免責事項

Copyright (C)2012
OASISオアシス